【ハゲタカ8話(最終回)】見逃し動画を無料で見る方法「続編に期待したくなる回」

ハゲタカ8話(最終回)の画像

ドラマ「ハゲタカ」の見逃し配信の見方や、有料の動画配信サービスを無料で利用する方法を紹介しています。

動画の見方以外にも「ハゲタカ8話の注目ポイント」や、「注目のキャストさん」についても紹介しているので、気になる項目のボタンをタップ(クリック)してみて下さいね☆

「ハゲタカ」8話の注目ポイントへ進む
「ハゲタカ」8話の全体の感想へ進む
注目のキャストさんへ進む
「ハゲタカ」見逃し配信の見方へ進む
「ハゲタカ」を全話見る方法へ進む

「ハゲタカ」8話(最終回)の注目ポイント

第8話は、第3部完結、そしていよいよ最終回です。

前回は、鷲津がサムライファンドを辞め、帝都重工の社長に就任というビックリのラストでした。

鷲津の目的はいったい何なのでしょうか?

芝野から、「鷲津の暴走を止めて欲しい」と頼まれ、鷲津に会いに行く日光みやびホテルの貴子。どんな話し合いをするのか注目です。

そして、帝都重工と契約が切られてしまった「スペース・フロンティア・ジャパン」の天宮たち。

前回は、融資してほしいと頼む天宮に鷲津が「夢には投資しない」とガラステーブルを割るほど怒っていましたが…。

新しい融資先を探して宇宙の夢を追い続けることが出来るのか、気になりますね。

因縁の飯島との対決も、今回で最後です!

 

前回の視聴率

第7話の平均視聴率は8.8%でした。

 

「ハゲタカ」8話(最終回)を見た全体の感想

スリルある展開、どんどん引き込まれていくストーリー、最終回も見ごたえありました!

貴子は、鷲津と芝野にアジア各国の重要メーカーが集まるアジア国際会議の会場に日光みやびホテルが選ばれたと話します。

鷲津が以前から、日光みやびホテルに特別な思い入れがあると知っての飯島からの差し金です。

そんな飯島の作戦にも動じず、鷲津はマスコミに帝都重工の社長に就任し30日以内に革命を起こすと宣言します。

飯島は、これ以上鷲津に余計なことをさせないよう、日本ルネサンス機構の次期会長職の話を鷲津に持ち掛けます。

飯島の話を受け入れるようなふりをして、アジア国際会議を欠席すると公表した鷲津。すっかり安心している帝都重工会長の真壁。

しかし、この日光みやびホテルで行われたアジア国際会議で鷲津は、世間に帝都重工のさらなる不正を明るみに出しました。

ここでの真壁と鷲津の対決は本当に面白かったです!鷲津役の綾野剛さん、渾身の演技でした。

帝都重工に革命を起こしたことで、裏で不正取引を行っていた日本ルネサンス機構の飯島の会長職も辞させた鷲津。

一方、貴子も飯島からの融資の話の裏に気づき、取引を未然に防ぐことができました。

サムライファンドの中延達の支援によって、日光みやびホテルがまた独立できそうでホッとしましたね。

最後まで「ハゲタカ」として、スマートに解決へと導いていった鷲津。いったい彼はこれからどこへ行くのでしょうか?

 

↓前回までの見逃し配信はこちら↓

見逃し配信はこちら

↓全話見れるサービスはこちら↓

ビデオパスでハゲタカを見る

 

 

伊武雅刀さんに注目!

帝都重工の会長、真壁達臣を演じた伊武雅刀さん。

伊武雅刀さんといえば、悪役からコミカルな役まで多才にこなす、大ベテラン俳優ですね。

声優としては、古いですが「宇宙戦艦ヤマト」のデスラー総統役が有名です。

今回も、日本の大企業のデスラー総統(?)、真壁を見事に演じていました。

小林薫さん演じる飯島と、常に暗くて黒っぽい座卓の料亭で悪い取引のひそひそ話、安定の腹黒感が漂っていました。

日光みやびホテルのアジア国際会議で、鷲津によって帝都重工の不正を明るみにされた時、慌てた真壁が、書類が映し出されたスクリーンに体当たりしていました。

それで消えるわけでもないけれど、思わずやってしまった真壁の動きになんとなく共感してしまいました。

ハゲタカは悪役の俳優さん達のこういう細かな演出がすごかったです!

 

サムライファンドの皆さんに注目!

鷲津が率いる「サムライファンド」の社員達を演じた俳優さん達。

社長を辞任した後引き継いだのは、杉本哲太さん演じる佐伯宗徳。鷲津の部下だったころも、情報通で、長年鷲津を助けてきました。

杉本哲太さん、やっぱりかっこ良かったですね!包容力のある演技で、次期社長になった時もすごく安心感がありました。

不動産取引のエキスパート社員である中延五朗を演じたのは、光石研さん。鷲津が笑わない分、光石研さんの優しいほほえみが対照的でした。

サムライファンドの紅一点、リン・ハットフォードを演じたのは太田 緑 ロランスさん。フランス人の父親と日本人の母親を持つハーフの女優さんです!

リンの明るさや笑顔も場を和ませましたね。いつも一生懸命仕事していたのが印象的です。

みんな鷲津を尊敬して的確に動く、頼もしい社員達。また鷲津と一緒に働ける時がくるといいですね!

 

「ハゲタカ」8話(最終回)の注目ポイントへの感想

最終回、鷲津と飯島との因縁の対決に終止符が打たれましたね。

けれど最終回で、今度は飯島から、「私はまだ生きている」という鷲津の決めゼリフを繰り出します。

鷲津を絶対にいつか追い詰めてやる!首を洗って待っていろと宣言して去る飯島。

飯島、ドラマ設定では76才です。

全編を通して、鷲津に敗れていくライバルの経営者が描かれましたが、飯島だけは絶対折れないところがスゴイ…!

飯島という存在自体が、いわば永久に無くならないであろう、人々の金への欲や執着という怪物なのかもしれません。

鷲津は今後もこういった怪物たちを成敗していくのかもしれませんね。

芝野はおそらく引退を考えていたのだろうと思うのですが、鷲津が革命を起こし壊れてしまった帝都重工を再生すべく、新社長に就任します。

けれど芝野の表情は晴れやかで、会社から窓の外を眺める横顔がとても印象的でした。

今回のことで、孫にも明るい未来を残したいという希望を持ったのです。

芝野ならきっと、新しい帝都重工を作り上げていってくれるでしょう!

それにしても芝野、奥さんと夫婦仲を再生しただけでなく、こんなに孫大好きなおじいちゃんになるなんて、最初のころは想像つきませんでした(笑)

そして最初から最後まで、どんなピンチの時でも冷静に対処していた日光みやびホテルの貴子。本当に経営者の鏡のような女性でした。

せめて最後、イヌワシを鷲津と見られたら良かったのに…。

というより鷲津、貴子からイヌワシ見る誘いの電話もらった時点で、「明日日本を経ちます」って言いなよー!と突っ込みたくなってしまいました(笑)

鷲津が来ない中、やっと姿を現したイヌワシを見上げ、ほほ笑む貴子がステキでしたね。

 

続編への期待!

日本を経つ鷲津、すっかり決めゼリフになってしまった「では!」で、ドラマも締めくくっていましたが、続編はあるのかな?と期待してしまいました。

まだ貴子とイヌワシ一緒に見れていないし…。今後も飯島がとんでもない反撃をしてくるかもだし…。

続編と言わずとも、スペシャルドラマにならないかなと思います。

綾野剛さんの鷲津も、最初は違和感があったのですが、毎回見ていると、安定感に変わっていきました。

鷲津の数々の決めゼリフに、時にはクスッとさせられたり、心を揺さぶられたり。

有名作のハゲタカの鷲津を演じるのはプレッシャーもあったのではないかと思うのですが、綾野剛さんだけの鷲津を見事に演じきったと思います。

今回の「ハゲタカ」は綾野剛さんの代表作の1つになるでしょう。

鷲津や芝野、貴子や飯島にまた会いたいです!では!

 

ニックネーム:ともとも
年齢:43才
趣味:パン・ピザ作り

ハゲタカを見る方法

「見逃し配信はこちら」と「ビデオパスでハゲタカを見る」から動画が見れるので、のぞきに行ってみて下さいね(^_-)-☆

 

↓前回までの見逃し配信はこちら↓

見逃し配信はこちら

↓全話見れるサービスはこちら↓

ビデオパスは初回30日間無料のサービスなので、無料期間を利用している人がとっても多いサービスですよ♪

ビデオパスでハゲタカを見る